実感

 

 

愛されているのねと思った。

 

 

「1歳半しかまだ生きていないのにいきなりあなたよりも小さな子が近くに出来て、お母さんに構ってもらえなくて寂しいからね。」

 

 

 

私が覚えてもいないお話を聞いた時は泣きそうになった。

 

知ろうとしないだけでこんなにも気にかけて、愛されていたのね。

 

広い目で見たら当たり前なのに、当たり前がすごく嬉しくて涙が出る。

 

 

3月始めての投稿らしい。

 

3月は、というか今年入ってからは

大きな悩み?とか不の感情でどうしようもないってことはなくなったなあ。

 

 

だからブログもしばらく更新しなかったんだと思う。

 

 

前の投稿内容が思い出せないぐらい充実して、周りからお世辞でも褒められる存在にもなってきた。

 

私が変わっただけかも知れないけど、

周りの反応も変わってきたのかな。

 

 

あの時の周りと今の周りが180°違うわけではないのにな、

 

私が決めて歩いてきた道は間違っていなかったのかと実感している。

 

 

それでもやっぱり周りには期待はしていないけど、

「期待してもいい」って確信つける理由があればちょっとぐらい期待してもいいのかなあって思えてきた。

 

 

まあ、9割はその通りには行かないのでハードルはものすごく低いけど。笑

 

人に私の1〜100を知ってもらうのは余りにも酷だと思う。

ざっくりまとめても小中編、高校編、短大編、フリーター編がある。

そして、同時進行で家庭編も笑

 

こうやってまとめるだけでもボリューミーやんやから1つ1つは重たくてしゃないよね。

 

なのに、人は何故、他人のことを1〜100まで知ろうとするのか。

そこに「得」はあるのかなあ、「損」のほうが大きい気がする。

 

3月はたくさん深い話したなあ、

まだまだ深い話しに東京行く予定がまだ残ってるけど💃🏻

 

 

 

今の私には

 

 

何も怖いものなんかない。

 

失うものもあるかもしれないけど

それを失ったところでどうもしない。

 

 

私のせいで困る人は誰もいない。

 

 

はじめは困るかもしれない。

 

てゆうか困ってはほしい笑(わがまま)

 

でもその数ヶ月後には私が〝いない〟ってなっても対応はできているんだと思う。

 

 

身軽すぎても怖いし、重すぎても怖い。

 

 

ちょうどいい重さの責任はどこに落ちていますか?

 

 

 

世間

 

実の両親を憎んではいけません。

 

感謝をしなければなりません。

 

 

って世の中は言う。

 

 

実の子供の誕生日をめちゃくちゃにされた人が両親の場合は憎んでもいいですか?

 

私が生まれたことに感謝してくれない態度をとったんです。

 

 

それでも憎んではいけないのですか?

 

 

楽しかった家族の誕生日が思い出せません。

〝人も責めずに、自分も責めずに〟

 

人も自分も責めないで。

 

 

無意識に責めないでと言われたけど、

〝なんでも話して〟

 

 

なんて言わないでほしい。

 

 

無意識に相談させないで👋🏻👋🏻👋🏻

 

 

 

褒められたい

 

 

思い出した、お母さんに言われたこと

 

「褒められたいからやってるの?」

 

 

自分のためもあるけど1番大きいのは褒められたいがために行動してるのがほとんど。

 

褒められたいからこうしたことが多いのに求めてる褒め方をしてくれない。

 

 

「あなたがそうしたいなら応援するよ」

 

 

じゃ、私がそうしたいと願わない場合は応援してくれないんですか?

 

 

夜に考え事するのは良くないね!!!

 

 

 

あけましておめでとうございます。

 

幸せだなあ。と思いながら布団に入って

涙を流す日が来るとは思わなかった。

 

 

何故、涙がこのシュチュエーションに必要なのかはわからないけど、

 

私の体が 泣け と言うから 泣く 。

 

 

小中の頃の私に会いたい。

もっと飛び出して、ちっぽけな一軒家から飛び出して。